読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yojikのlog

yojikのブログです

オデッセイを観た

「でも、やるんだよ!」 サバイブするのに必要なのは、科学と根性とディスコミュージック!!

オデッセイを観た。近未来の設定、宇宙で一人ぼっちで生き残るという状況はゼログラビティと似ているけども、映画の雰囲気はかなり違う。

主人公は科学者(植物学者)出身の宇宙飛行士という設定だが、とにかくタフで前向き。火星に取り残されて救出される可能性があるのは4年後。基地にある食料は6人*1ヶ月分、地球への通信設備修復不能、ついでに聞ける音楽は船長が持ち込んだ70年代のディスコミュージックライブラリのみ、こんな状況でも主人公はへこたれない。生き残るために出来ることは全部する。

たとえば、こんな火星DASH村チャレンジを行う。

  • 救出まで生き残るには食料が必要
  • 火星の土でジャガイモを栽培する(ジャガイモは連作可能で栽培が容易、栄養価もそれなり)
    • ジャガイモを育てるための水を確報する必要あり(尿をリサイクルをするシステムだけでは足りない)
    • 着陸機に残っていた燃料のヒドラジンイリジウムを触媒に窒素と水素に分離し、その水素を燃やして水をつくる*1

目標から課題を導き出し、その課題を具体的なタスクに分解して一つ一つこなしていく。失敗したら反省して次に活かす。

これは、地上に住む自分たちが普通に仕事なり勉強なり研究なりでおこなっていることと基本的には一緒だ。主人公のヒロイックな活躍ではなく、当たり前のことを前向きに着実にこなす姿に、なぜか感動してしまう。*2

これがこの映画の魅力だと思う。


もう一つ、この映画(と原作小説)には「科学技術は人の役に立つ」という前向きなメッセージが流れているのが良いと思った。主人公やNASA所属の科学者、技術者達が、持っている知識と能力をフルに使って問題を解決していく。この姿を見て科学や宇宙やSFに興味持つ人が増えると良いな、と思いました。

*1:ちなみにこの映画における火星探査の設定では着陸機と上昇機(MAV)は別々で、MAVは本隊が到達する前に到着予定地点に送り込むことになっている。燃料節約とリスク軽減目的だと思われるけど、これを把握してないと後半の展開が理解できないかもしれない

*2:ちなみにラストの行動は無謀すぎると思う。原作では案として台詞に出ただけらしい。まぁそこは映画らしい演出ということで

「6才のボクが、大人になるまで。」

とても面白かったです。

一人の少年の6才から18才までの成長の物語。子役も周りの大人も同じキャストで12年間かけて撮影するという手法で制作された映画(シナリオは完全フィクション)

ドキュメンタリーならこういう手法があるし、ハリーポッター北の国からのようなシリーズ物も結果として子役の成長を見守る面があった。しかし、単体のフィクションの映画ではなかなか実行できないアイデアなはず。すごくリスキーだったと思う。

肝心の物語は、いわゆるエンタメ的なクライマックスやストーリーの起伏はあんまりなくて、驚くほど淡々としていた。

主人公の少年と一緒にキャンプにいったり母親が離婚したり再婚したり離婚したりしてるうちに、時間はいつのまにか流れていく。少年はひょろい高学年になり、エモ系ファッションの中学生になり、悩める高校生になり、ひげ面の似合うイケメン大学生になってしまう。

「何年後」みたいなキャプションはでず、ちょっとしたカットのつなぎで1年経過していたりして油断できない。各シーンをなるべくシームレスにつなぎ、気付くと時間が経過しているように演出している。これは二時間半の上映時間の中で12年間を追体験させる上手い仕組みになっていると思う。光陰矢のごとし。

この物語の「要点」は何よ?ということを登場人物がメタ的に語る場面がある。しかし要点はないのだ。
少年と一緒に一瞬一瞬を体験しているうちにあっという間に12年間(二時間半)が過ぎる。変な言い方だけどアトラクション的な映画なんだと思う。その体験がとても心地よかった。


あと当然「西暦何年」みたいなキャプションもないので流れている音楽や携帯電話の形や子供が使ってるゲーム機や会話からなんとなく年代を予測するのだけど、これも楽しかった。2000年代前半から2010年代前半までのアメリカの雰囲気がわかる。

そして駄目なバンドマンからいい感じのおっさんサラリーマンに変わっていく主人公の父親役イーサンホークがすごく良い!32→44歳(イーサンホークの実年齢)の成長だって大きいですな!