読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yojikのlog

yojikのブログです

「6才のボクが、大人になるまで。」

とても面白かったです。

一人の少年の6才から18才までの成長の物語。子役も周りの大人も同じキャストで12年間かけて撮影するという手法で制作された映画(シナリオは完全フィクション)

ドキュメンタリーならこういう手法があるし、ハリーポッター北の国からのようなシリーズ物も結果として子役の成長を見守る面があった。しかし、単体のフィクションの映画ではなかなか実行できないアイデアなはず。すごくリスキーだったと思う。

肝心の物語は、いわゆるエンタメ的なクライマックスやストーリーの起伏はあんまりなくて、驚くほど淡々としていた。

主人公の少年と一緒にキャンプにいったり母親が離婚したり再婚したり離婚したりしてるうちに、時間はいつのまにか流れていく。少年はひょろい高学年になり、エモ系ファッションの中学生になり、悩める高校生になり、ひげ面の似合うイケメン大学生になってしまう。

「何年後」みたいなキャプションはでず、ちょっとしたカットのつなぎで1年経過していたりして油断できない。各シーンをなるべくシームレスにつなぎ、気付くと時間が経過しているように演出している。これは二時間半の上映時間の中で12年間を追体験させる上手い仕組みになっていると思う。光陰矢のごとし。

この物語の「要点」は何よ?ということを登場人物がメタ的に語る場面がある。しかし要点はないのだ。
少年と一緒に一瞬一瞬を体験しているうちにあっという間に12年間(二時間半)が過ぎる。変な言い方だけどアトラクション的な映画なんだと思う。その体験がとても心地よかった。


あと当然「西暦何年」みたいなキャプションもないので流れている音楽や携帯電話の形や子供が使ってるゲーム機や会話からなんとなく年代を予測するのだけど、これも楽しかった。2000年代前半から2010年代前半までのアメリカの雰囲気がわかる。

そして駄目なバンドマンからいい感じのおっさんサラリーマンに変わっていく主人公の父親役イーサンホークがすごく良い!32→44歳(イーサンホークの実年齢)の成長だって大きいですな!